モリピーのブログ

音楽、アウトドアetc

露天風呂付き客室のある旅館

来年の春のキャンプシーズンまでお茶を濁す話をしようかと(笑)


実は、私は温泉が苦手です(・。・;
この言い方は語弊がありますね、長く浸かれないんです。5、6分?かな。
勿体ないですよね!ところが雪見酒とかしたい訳ですよ。
しかし、浸かると直ぐに暑くなる、上がると寒い、これの繰り返しじゃせわしない事
ありゃしません!
そこで2年前からたどり着いたのが露天風呂が付いてる部屋💡
しか~し、高い!
しか~し、手がある!w
私は、旅館の夕食は頼まずににその土地の居酒屋を探訪します。
(朝食はメニューによって有無を決めます)
その理由は、お酒を呑むとアテは少しあれば良いんです、ましてや旅館で出てくる
料理は私にとっては口に合うものは少ないです。


話は2年前の今頃の季節でした❅
年に4回ぐらいは一緒に旅したりキャンプをする48歳の女性と息子20歳
15年来の飲み友達と言えば良いでしょうか?もう、親子みたいな付き合いです。
和歌山県は白浜になんと!条件を満たす宿が9,000円!
で、夕食は良い居酒屋に送迎付き!
決まり~~~❤ 予約~~~❤ 3人は泊まれません~~~↷
息子「二人で行っといで」「こずかい3000円でええわ」
と言う事で初の露天風呂付きに行きました。
まずはチェックインして、すぐに居酒屋さんへGO!
クエ鍋!1人前3000円☆うまいうまい、地酒☆うまいうまい(。・ω・。)ノ♡
で、迎えが来るまで白良浜のライトアップで気分上々w
宿に着いて源泉かけ流しのヒノキ風呂で焼酎の水割りをちびちび🍻
これがきっかけでマイブームは続いております。
「THE ホテル白浜」
興味のある方は検索してみてください。
一緒に行っても良いよって言う女性の方は連絡ください(笑)
*安心してください、履いてませんwww




音楽の話が出来る!

普段の生活に追われていると、なかなかホッとする時間って少ないですよね(;^_^A
私もちょっと事情があってこの時間(20:30)ぐらいから22:30(寝る)
までの2時間が自分の世界に浸かれます(^^♪
日によっては、テレビを見る日、小説を読む日、音楽を聴く日と様々ですが、幸いこの
ブログを始めて、音楽を聞かせてくれる仲間が出来ましたので、毎夜楽しみになって
来ています✌
でも、だいたい音楽にハマりだすと自分だけの世界の音楽にのめり込んでしまう傾向に
あります(-_-;)
私の場合は特にB型の天邪鬼ですから典型的です(笑)
私の音楽友達がTHE・BANDの良さを理解するのに3年掛かりました(月に3回聴いて)の、話ですがねw
まあ、そんなTHE・BANDのギターリストでありますロビー・ロバートソン!
非常に硬くて乾いた高音の音色を出します。
今夜は、かの有名なエリック・クラプトンとの音の違いを聴いていただけたらと
思います。クラプトンのなめらかなギターとロビーの乾いた音、違いを楽しんでいただけたら幸いです(^^♪
お気になさらずスルーしてくださいよ♡

Eric Clapton The Last Waltz - Further on up the Road -
この映画は「The Last Waltz」あのマーテインスコッセシオ(TAXI)が監督した
THE・BANDのラストコンサートのドキュメントフィルムです。
クラプトンのギターストラップが外れるのも演出と言われています(笑)


カメムシ多い=雪多い!



迷信じゃ無かった見たいですね!
今年は各地で異常な程カメムシ発生が見られました。
私の仕事場のマンションも緑色のカメムシが普段の年の倍以上?居たと思います。
で、色んな所から表題の話が聞こえて来た訳ですが・・・
滋賀県では3日ほど前に積雪、金沢では何年かぶりの大雪?と、この現象がまんざら
嘘で無い事を物語っています。
スタッドレスタイヤ注文して良かったと思える日が来ることでしょう?

HIS - 500miles


音色。

今日は風がそこそこ強い一日でしたが、洗濯物はよく乾きました(笑)
掃除機も掛けなければって思いながらもビールを飲んで音楽聴いたり
録画見たりして過ごしていました。
このブログの友達?って、呼んでいいですよね?
結構音楽が好きなお人と繋がりが出来てきました\(^o^)/
私は「バラが咲いた」世代ですから、基本フォークソングからスタートしています。
ブラザース・フォー、PPMこの2大勢力の虜になったもんですw
そして、大人になって色々なミュージックに出会い今の私が形成されています(;^ω^)
さて、音色にも色々ありますよね。
ピアノの音色が好き!ギターだ!サックスだ!ドラムだ!ベースだ!etc。
私の好みは又の機会にお話しする事として、今夜はピアノの音色で楽しみます♪

Hey Now - Red Garland (Groovy )
この人の、おもちゃのピアノを弾くような音が大好き(。・ω・。)ノ♡

男の哀愁その2

サム・クックが歌って大ヒットした曲です。
この、THE・BANDのメンバーはレボン・ヘルムを除く4人はカナダ出身で
カナダの国からアメリカの南部音楽を中心に聴きまくっていたそうです。
もう一人のレボン・ヘルムは南部出身者!
運命の糸に惹かれるように5人は結びつきます。
バイク事故で大けがをしたボブ・ディランと出会い、THE・BANDの音楽は
花開き衝撃的なデビューを果たすこととなります。
え~?イーグルスやレッドツェッペリン、ローリングストーンズは知ってるけど
この人ら知らん!って、みなさん言います!
ふふふ(^^♪それが良いんです♪それが(笑)

Change is Gonna Come